松田 美由紀
Miyuki Matsuda

PROFILE

10月6日生まれ。
2002年頃より女優業と並行して、フリーペーパーの制作やフォトグラフ、アートディレクションなどの制作活動を開始。2008年には、写真家として初の写真集「私の好きな孤独−片山瞳」をリトルモアより刊行。翌2009年、DVD「月刊 片山瞳」で監督デビュー、さらに映画『SOUL RED 松田優作』ではエグゼクティブ・プロデューサーを務めた。
写真家としては、「MAQUIA」「Harper’s BAZAAR」での連載や「月刊シリーズ」等を経て、現在は月刊誌「GENROQ」にて連載中。2011年には初の写真展「SUPER MIYUKI MATSUDA」を開催、2012年には「GENROQ」での連載をまとめた写真集「ボクノクルマ」を刊行した。その他、講演会や執筆、プロデュース業など活動範囲は幅広く、さらに今後、演出家としての活動にも意欲を燃やしている。
近年、エネルギーシフト・NPO・自殺問題などの社会貢献にも精力的に取り組み、2013年には自らが発起人を務めた健康イベント「からだFES. 2013」を成功させた。

BIOGRAPHY

写真家

2012

写真展「SUPER MIYUKI MATSUDA」(原宿GYRE)

「ボクノクルマ」(発行:東京キララ社/発売:河出書房新社)

2011

「月刊MEN 大森南朋」(ポニーキャニオン)

写真展「SUPER MIYUKI MATSUDA」(原宿GYRE)

「月刊Neo 中村中」(イーネットフロンティア)

「月刊Neo 早乙女太一」(イーネットフロンティア)

2011~2013

コアマガジン「TATTOO BURST」~Why?
「人はなぜタトゥーを入れるのか」~※連載

2009~2010

エイチビー・ジャパン「Harper’s BAZAAR」
~His Intimate Eyes~ ※グラビア掲載

2008

集英社「MAQUIA」※写真連載

月刊アクトレスシリーズ「月刊 太田莉菜」(新潮社)

写真集「私の好きな孤独」(リトル・モア)

三栄書房「GENROQ」(毎月26日発売)〜The Scene〜※6Pグラビア掲載

映像監督

2011

DVD『月刊Neo 中村中 純粋+悪』(監督/イーネットフロンティア)

DVD『月刊Neo 早乙女太一 告白』(監督/イーネットフロンティア)

2009

DVD『月刊 片山瞳 ひかり』(イーネットフロンティア)※初監督作品

アートディレクション

2006

「松田優作ALIVE〜アンビバレンス〜公式海賊盤〜」DVD-BOX

平和「CR探偵物語」宣伝用ポスター

2005

「松田優作全集改訂版」(幻冬舎)

バンブーコミック「松田優作物語」

2003

「松田優作全集」(扶桑社)

2000~2004

フリーペーパー「R」 (年1回発行)

1998~1999

フリーペーパー「LIVE」 (年4回発行)

執筆

2011

「好き好き大好き!」(講談社)

1992

「子宮の言葉」(扶桑社)

プロデュース

2009

映画『SOUL RED 松田優作』

2007

映画『世界はときどき美しい』

2006

CD「YUSAKU MUSIC NOTE」(企画・プロデュース)

2004

イベント「松田優作と現代のクリエイターたち」FINAL(制作・監修)

2002

イベント「松田優作と現代のクリエイターたち」展(制作・監修)

講演

2012

朗読会「鮭が遡る時、言葉は生まれ、弓は昴の赤色群を射る」(12月18日下北沢アレイホール)

朗読会「言葉は麦秋の空に収穫され、弓は黄金色の音色を奏でる」(5月19日相模原メイプルホール)

朗読会「言葉は虹天に砕け、弓は玄鳥を射る」(4月14日下北沢アレイホール)

平和活動

2013

「からだ FES. 2013 ~じぶんのからだ、知るって楽しい~」(4月27日〜29日恵比寿ガーデンプレイス)

2012

69の会(ロックの会)発起人 www.69nokai.com

ピースボート主催第77回水先案内人(9月出航)

2011

SOUL RED −生きることを考えよう− VOL.2」(5月6日阿佐ヶ谷ロフトA)

「SOUL RED −生きることを考えよう−」(2月1日阿佐ヶ谷ロフトA)